幹細胞・わかりやすい説明

皮膚も眼も内臓も、それぞれ別個の細胞からできていて、それが集まって体ができています。
そして、古い細胞は死んで新しい細胞に置き換わります。
これを新陳代謝といいます。
体をつくるには、新しい細胞の供給が不可欠なのです。

新しい細胞はどこから来るのかといえば、「成長せずにとどまっている」特殊な細胞からやってきます。
これが「幹細胞」です。
幹細胞が分裂して新しい細胞ができます。
できた細胞がさらに分裂をくりかえして、次第に成長していきます。
細胞は成長しながら、(死んだ細胞がいた)場所にまで動きだします。
そして空いていたスペースを埋めます。

幹細胞は分裂しても、「成長せずにとどまる」ことができます。
例えば、1つの幹細胞が分裂して2つの細胞に分かれます。
一方の細胞はそのまま分裂を繰り返して成長しますが、もう一方の細胞はもう分裂も成長もせずに、お休みモードに入ります。
このお休みモードの細胞が幹細胞です。

幹細胞はどこにある?

幹細胞はどこにあるかといえば、これまで、皮膚、食道、胃、腸、脳、血液、眼の幹細胞が発見されています。
その他の臓器でも幹細胞があるだろうと言われています。
つまり、生体内の各組織に幹細胞は存在しているわけです。
「幹細胞は全身にある」ということですね。

以前、話題になっていたES細胞(胚性幹細胞:はいせいかんさいぼう)と、iPS細胞(人工多能性幹細胞:じんこうたのうせいかんさいぼう)も、幹細胞の一種です。

例えば皮膚幹細胞は皮膚組織になるわけですが、受精卵から作られるES細胞(胚性幹細胞:はいせいかんさいぼう)は、すべての種類の細胞に分化する事ができる多能性を有します。

そして、iPS細胞(人工多能性幹細胞:じんこうたのうせいかんさいぼう)は、京都大学の山中伸弥教授が2006年に世界で初めて開発したものですが、皮膚からとってきた細胞にある因子を加えることで、ES細胞とほぼ同じ状態に変化させることができる、というものでした。

このiPS細胞の優れているところは、ES細胞につきものだった倫理問題をクリアにしたところです。
ES細胞を得るには、将来胎児になる受精卵を壊す必要があったからです。

年齢が上がるごとに幹細胞は減る?!

しかし残念ながら、年齢が上がるごとに幹細胞は減っていきます。
「幹細胞が減るのを防ぐことができるのか」ということに関しては、多くの研究者が近年、熱心に探索を続けています。

↓ 幹細胞スキンケア

↓ 【30日間】肌覚醒プログラムセットの公式ホームページ


通常価格22,970円のセットが、驚きの<< 85%オフ!! >>
日本ライフ製薬の話題のヒト幹細胞スキンケアセット“【30日間】肌覚醒プログラム”が初回限定でなんと<< 3,480円 >>


【30日間】肌覚醒プログラムは、再生医療から誕生した新世代エイジングケアセットです。
基本の3本セットに美白美容液のついた、豪華な幹細胞スキンケアを今ならお手頃価格で試せるチャンス!

↓ ワンダーパーツ・ジェリーマスクの公式ホームページ
ワンダーパーツジェリーマスク

↑ 今なら!初回1000円
 カテゴリ